にんにく卵黄ガイド.com|にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄は江戸時代に九州地方の一般家庭で滋養強壮食品として親しまれていました。
参勤交代の制度があった江戸時代の交通手段は徒歩の為、移動の際ににんにく卵黄を粒状にして持ち歩いていたそうです。

 

にんにくと人との関わりの起源は起元前3000年ごろからすでに滋養強壮や疲労回復の手段として用いられていたようです。しかしニオイがきついこともあり宗教によっては食べることを禁止にされたりし敬遠されることもあったようです。

 

ニオイがきついにんにくをなんとか摂取できないかと考えられ、にんにくと卵黄を一緒に練り込んで加熱することでニオイが抑えられるという結果に辿り着いたのです。にんにく、卵黄ともに栄養成分が豊富で併せることでニオイがなくなるという素晴らしい健康食材が誕生いたしました。

 

牛乳を飲むとにんにくのニオイが抑えられると聞いたことがある方もいると思いますが、にんにく卵黄も同じ原理です。ニオイ成分であるアリシンと卵黄のタンパク質とが結びついてニオイ成分が抑えられているわけです。

 

近年これを毎日手軽に飲めるようにカプセルに入れサプリメントして販売されているのがにんにく卵黄です。
このおかげで誰でも手軽に滋養強壮としてもにんにく卵黄を活用できるようになりました。
皆様もどうぞこの歴史が生んだ万能健康食材を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

にんにく卵黄ランキング
1位 健康家族 伝統にんにく卵黄
2位 えがおのにんにく卵黄油
3位 やずやの雪侍にんにく卵黄
4位 やわたの熟成にんにく卵黄
5位 伝承にんにく卵黄

 

にんにく卵黄ランキングTOPへ戻る